●…野母崎観光ガイド
・・・脇岬ビーチロック・・・

・県指定天然記念物
・・・軍艦島(端島)・・・

・石炭発掘地
・端島と言うより、軍艦島の呼称で国内外に知れ渡っています。

・・・軍艦島クルージング・・・
・・・権現山展望公園(写真:遠見展望所)・・・

・標高198mの権現山は、寛永15年幕府の遠見番所が設けられた由緒ある場所で、日本最西南端に位置します。又、見晴らしが良く、東に天草灘、西に五島灘、そして南に果てしない東シナ海を一望することができ、春先にはシベリアへ渡るツルの群れを見ることができます。
 椿公園には、国内外の椿250種約300本、やぶ椿1万数千本が自生し、その中には野母崎でしか見られない 白椿『陽の岬』がひっそり咲いています。また、ここには、世界jの平和を願う広島平和公園の悲願の鐘と呼応する夫婦鐘と称して『発起の鐘:まごころの鐘』が建立されています。
・・・黒浜海岸の“夫婦岩”・・・


・国道499号の沿線に黒浜より連なる海蝕景観は、訪れる人の目をひきます。小柳創生画伯で有名な『創生岩』をはじめ、変化に富んだ奇岩怪礁の中に約4億8千万年前、九州最古の岩と言われている『夫婦岩』があります。
・・・樺島の大ウナギ・・・


・樺島港奥には、南方産の大ウナギが棲む井戸があります。熱帯性大ウナギの生息北限地として大正12年に国の天然記念物に指定されました。
・・・樺島大橋・・・


・昭和61年に竣工した架け橋です。
・・・白戸の穴・・・


・樺島の南東海岸の出っ張りに大小5個ほどの洞窟があります。
現在は、樺島一周クルージングのコースとなっています。
・・・樺島灯台公園・・・


・樺島南端には海抜100mの断崖の上に白亜の灯台があります。昭和7年に点灯以来、天草灘、五島灘を航行する船舶はもとより、遠く東シナ海へ出漁する海船の守り続けています。
 周囲は、展望台、駐車場など、公園として整備され、集落から公園までの3kmは、ハイキングコースとして好評です。
・・・長崎県亜熱帯植物園・・・

・長崎半島の最南端に位置し、鮮やかなコバルトブルーの海をへだてて、正面には天草、左手には遠くに雲仙岳を望む丘陵地にあります。園内には、ヤシ・ランをはじめ、およそ2000種:30000本の亜熱帯植物が生い茂り、四季折々の表情を私たちに見せてくれます。